2017-5-30 その他

yab

核家族化が進む中での高齢者の増加、やはり「孤独死」というのは増えているようです。

東京都監察医務院が公表しているデータによると、東京23区内だけでも1日あたりなんと、10件前後の孤独死が発生しているというから驚きです。

さらに、内閣府の調査によると、高齢者のうち「最期を迎えたい場所は自宅」と回答している人が2人に1人以上いるといいます。そんな状況の中、今後さらに増えていくのは間違いないようです。

ご高齢の身内がいる方は、ぜひ常々動向を気にかけていただきたいものですが、身内がいないという孤独な高齢者が多いのもまた事実。

しかし、そうなると特に不動産の賃貸オーナーにおいては保有物件における孤独死の問題は避けては通れない切実な問題のようです。

 

こんな話もあります。

2012年深夜、ある木造アパートの住人が変なモノが上から垂れてきたことに気づき、跳び起きたそうです。

警察に通報すると、2階に住む65歳の男性が孤独死を遂げていたことが発覚する。上から垂れてきたモノ、それは、死んだ男の体液だったそうです…。

 

遺体はそのまま放置されると腐乱して溶け、体の組織が液状化するのだといいいます。

その住民の方がその後引越したのかどうかは定かではありませんが、もし自分の住んでいるアパートの上階で孤独死が起こったら…住み続けるのはちょっと難しいですよね。

そうなると大家も本当に大変。店子に出て行かれて、次の入居者募集の際に隠すわけにもいかず…。しかも、そのような場合の「特殊清掃」の費用も高額になることも珍しくないのだとか。

特殊清掃の料金は本来、保証人または相続人に支払う義務が生じますが、保証人が他界していたり、相続人が相続放棄をしていたりすると、結局は大家にしわ寄せがいくケースが多いのだといいます。

本来であれば、孤独死そのものを減らす対策ができればベストなのですが、やはり現実的には死を事前に察知するのは不可能に近いのだそうです。

次のページでは、ある大家さんが語る孤独死現場の実録と、孤独死現場の動画をご紹介します。

 

 

 

新規コメントの書き込み