2017-6-1 おもしろ

tom

風呂場共有のなんちゃって二世帯同居中。
昨日の夕方トメが血相変えて子世帯に来て、鬼の形相で屋探し始めた。

「何なんですか!」と言っても目をひんむいてガサガサ。
「無いわ!無いわ!」「だから何がですか!!」
「通帳よ私の通帳!!どこよ!!」

引出しを出してひっくり返し、中身を全部出してはガサガサ、
皿をぶっ飛ばしながら食器棚を漁り、
ものの数秒でリビングはめちゃめちゃに。

我にかえって「やめてください!」とつかみかかったら
髪の毛ごと襟首を掴んで、ものすごい力で揺さぶり
「返しなさいよ!出しなさいよ!」
何を言っても聞いてないようで、血走った眼で家じゅうひっくり返し始めた。

夫の会社は車で約30分、ウトは近所の自営なのでとっさの判断でウトに連絡、
すぐに駆けつけてきてもらった。

ウトに事情を話すと「人を軽々しく泥棒扱いするな!」と怒るが、トメは聞かない。

しばらくギャーギャー喚いたあと、ちょっと落ち着いたので事情を聞いたら
「中身はちょっとずつ貯めた自分のへそくり」
「ウトや夫なら必ず言うだろうけど、嫁が見つけたなら隠すはず=嫁が犯人!」

さすがに私も頭にきて
「もし私が犯人じゃなかったらどうしますか!?」
と聞いたら「絶対あなたに決まってる!」と言い張り
犯人じゃなかったら
「別居する」「通帳の中身はもらって、それを引っ越し費用と慰謝料の足しにさせてもらう」
「トメの事を魔人ブゥ」と呼ぶ事を約束させる。

切れたトメ、「自作自演でさも自分が見つけたように出してくるはず!」と言うので
私は一人茶を飲みながら待機、帰ってきた夫も切れつつも探し始める。

散々探してもない。トメは勝ち誇ったように
「嫁子あなたいい加減にしなさいよ!!!!」とか言ってきてうっとおしい。
止めに入ったウトが「やめなさい!そもそもいったいどこに隠してたんだ!」
と聞くと洗濯機の裏だという。

そこでウトと夫が洗濯機を動かすと……ありました、通帳。
貼り付けておいたのが落ちて、上手く下に潜り込んでた。

トメ大喜びするも3人の冷たい視線に気がついて蒼白。

「さーて、魔人ブゥ。その通帳渡してもらうわ」

 

 

 

新規コメントの書き込み